アレルギー性結膜炎

scroll

  • HOME>
  • アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎

アレルギー結膜炎とは

アレルギーにより結膜で炎症が起こる疾患
アレルギーにより結膜で炎症が起こる疾患

結膜とは白目を覆う半透明の膜のことで、外部からの刺激から眼球を守る役割があります。
アレルギー性結膜炎とは、花粉などのアレルゲン(アレルギーの原因物質)が原因で、この結膜で炎症が起こった状態です。
目のかゆみや充血、異物感、涙が出るなどの症状が現れます。

アレルギー結膜炎は、特定の季節に起こる“季節性アレルギー性結膜炎”と、年間通じて生じる“通年性アレルギー性結膜炎”に分類されます。

季節性アレルギー性結膜炎

スギやヒノキなどのアレルゲンによって起こるアレルギー性結膜炎で、通常、アレルゲンとなる花粉の流行時期にだけ症状が現れます。

通年性アレルギー性結膜炎

カビ、ダニ、ペットの毛、埃、コンタクトレンズの汚れなどのアレルゲンによって起こるアレルギー性結膜炎で、年間通じて症状が現れます。

こんな症状はありませんか?

・目がかゆい

・目が充血している

・目に異物感がある(目がゴロゴロする)

・目やにが出る

・涙が出る

・まぶたが腫れる

など

 

このような症状でお困りでしたら、いつでもお気軽に京都市伏見区のももの木眼科へご相談ください。

アレルギー性結膜炎の原因

季節性アレルギー性結膜炎の原因

季節性アレルギー性結膜炎の原因は、主にスギやヒノキなどの花粉です。

これらの花粉によってアレルギー反応が起こり、結膜で炎症が生じて、目のかゆみや充血などの症状が現れます。

通年性アレルギー性結膜炎の原因
通年性アレルギー性結膜炎の原因

通年性アレルギー性結膜炎の原因は、カビ、ダニ、ペットの毛、埃などのハウスダスト、またコンタクトレンズの汚れなどです。

普段の生活にアレルゲンが存在するため、1年を通じて目のかゆみなどの症状が現れます。

アレルギー性結膜炎の治療

薬物療法(点眼薬)

症状改善のために、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬などを点眼します。

また予防のために、花粉対策やハウスダスト対策も重要となります。

アレルギー検査について

20分で結果がわかるアレルギー検査

当院では、8種類の主なアレルギーの原因となる物質を調べる検査をおこなっております。

イムノキャップラピッドアレルゲン8

指先からわずかに血を採るだけで、20分で結果がわかります。注射器を使った採血は必要ないので、小さなお子さまでも安心して受けていただけます。保険適応です。

測定できるアレルゲン

測定できるアレルゲンは以下の8種類です。
花粉系
・シラカンバ
・スギ
・カモガヤ
・ブタクサ
・ヨモギ
ハウスダスト系
・イヌ皮膚
・ネコ皮膚
・ヤケヒョウダニ

こんな方におすすめです

・すぐに結果が知りたい方
・注射、採血が苦手な方
・小さなお子さま
・静脈採血が困難な方
など

ICLWeb相談

ICL
Web相談

Web予約

Web予約

LINE

LINE