小児眼科

scroll

  • HOME>
  • 小児眼科

小児眼科

学校健診で視力の問題を指摘された時は?

眼科で専門的な検査を受けましょう
眼科で専門的な検査を受けましょう

学校健診で視力の低下やその他の病気を指摘された時は、お気軽に京都市伏見区にあるももの木眼科の“小児眼科”へご相談ください。

小児眼科では、近視、遠視、斜視、弱視など、お子様の視力の問題を診療いたします。

当院ではスムーズに受診できる予約システムを導入しておりますので、短い待ち時間で受診していただけます。

お子様の目に関して気になること・心配なことがございましたら、いつでもお気軽に当院へご連絡ください。

 

また、保育園の健診や、会社の健康診断で引っかかった方のご相談も承っておりますので、併せてお気軽にご相談ください。

お子様にこんな異変はありませんか?
お子様にこんな異変はありませんか?

・ものを見る時、目を細めている

・テレビを見る距離が近い

・顔を近づけて本を読んでいる

・顔を傾けてものを見ている

・よく目をこする

・涙や目やにがよく出る

など

 

お子様にこのような異変がありましたら、まずは一度当院へご相談ください。

よくある視力の問題

近視

光が網膜ではなく、その手前でピントが合っている状態です。

遠くのものが見えにくくなります。

当院ではお子様の近視に対して抑制効果があるとされている、“オルソケラトロジー”を行っております。

遠視

近視とは逆に、網膜の後ろでピントが合っている状態です。

近くのものが見えにくくなります。

近視と比べて気にされない保護者の方も多く、またお子様はピントの調整機能が強いため発見が遅れる傾向にありますが、遠視を放置すると弱視に繋がる恐れがありますので早期発見・早期治療が大切です。

斜視

両目の視線が対象物に合っていない状態で、外見的にも目の位置がずれていることがわかる場合があります。

斜視は弱視の原因となるほか、視機能の発達を阻害したり、ものが二重に見える症状(複視)が現れたりします。

斜視の場合、経過を診つつ、必要に応じて専門機関をご紹介いたします。

弱視

メガネやコンタクトレンズで視力を矯正しても、矯正視力が1.0未満の状態を弱視と言います。

弱視に対してメガネの処方やアイパッチ治療などを行いますが、重度の場合には小児眼科の専門医をご紹介いたします。

ICLWeb相談

ICL
Web相談

Web予約

Web予約

LINE

LINE